金継ぎ教室 5日目

金継ぎ教室 5日目

今日は急に来れなくなった方もいらっしゃったので、楽しみにしてた金蒔きは延期…(* ´-`)

刻苧&錆&中塗り研ぎ→中塗りの作業。
ついでにわたしも練習用の骨董を中塗り。
細い線苦手〜!

くっつくか心配だった接着面の小さなカップの取手が、やっぱり取れるというハプニングあり…
わたしの指導不足。
申し訳ない。
金継ぎを本格的に始めて1年半くらいですが、まだまだ経験不足だなと思う今日この頃。
「いやいや、1年そこいらとか、まだまだよ」とベテランの方に言われてしまいそう。

金継ぎというと、やっぱり陶器を直すことが多い。
陶器にもいろいろあって、そのうつわにあった直し方というものがある。
また、それは壊れ方によっても変わってくる。

陶芸の勉強したいなと、改めて思いました。

次回はちょっと間があいて、9月24日
今度こそ金粉蒔ける!



教室の帰り。

わたしの母校、広島市立大学のメディア造形の学生さんによる、展示を観に行って来ました。

わたしと同期で、大学院に進んだ子らも展示してます。
ポスターやカッティングシートも、その同期が作りました〜
わたしの彼氏も展示してます。

広島の方、ぜひ行ってみてくださいね^^
チラッとわたしの彼氏が写り込んでいる。笑