刻苧を削る。

欠けを繕う。

お客様からお預かりしている土瓶とお茶碗。
欠けを刻苧で埋めました。
土瓶は釉薬かかってない部分なので、しっかりとマスキングして作業してます。

この、微妙なラインを削って成形するの大変だけど楽しい。
うつわそれぞれに、それぞれのラインがあるので、それを再現するの結構難しい。
まだまだですね…
腕を磨こう。
金継ぎって、最近はキットもあるし、本もいっぱい出版されてるから、誰でもできると思っていたけど、やっぱり奥深いし難しい。おもしろい。楽しい。

さらに錆漆で細かい凸凹を綺麗にして、塗りを2〜3回して、粉蒔き。
土瓶は金、お茶碗は銀仕上げにする予定。